秋のお彼岸はすでに1週間が過ぎ、次の2〜3ヶ月は、香港簽證国内の多くの人が香港に行き、再生を勉強しようとしています。 では、入学が決まったら、いつから香港にビザを申請して手続きをすればいいのでしょうか? どれくらいの時間がかかるのでしょうか? どうすればいいのか?

香港特別行政区政府の移民規則によると、香港特別行政区に永住権を持たない非現住者が教育や訓練のために香港に来る場合は、学生ビザを申請する必要があります。 一般的に、フルタイムのコースに在籍している非現地人にのみ、通常、学生ビザが与えられます。 すべての国内学生は、中国・香港の学校長から香港への入国ビザの貸与を保証されることが必要です。

したがって、香港の大学は、フルタイムの学部課程または理学士課程への入学が許可された本土の学生のビザ手続きローンを保証し、香港移民局への申請手続きの割り当てを支援する予定です。 通常の場合、ビザの手続き期間は約6~8週間です。 本土の学生は、教育機関に受け入れられ次第、香港特別行政区への入国ビザを申請してください。

香港SAR入国ビザの申請書は、オファーレターと同時に学生へ送付されます。 学生は、該当するプログラムに合格した場合、指定された期間内に記入したビザ申請書と添付書類を大学の入学事務局に送付する必要があります。 その手順を以下に示します。

1.香港特別行政区政府の書類「香港特別行政区入国査証申請書-様式番号ID(C)936AおよびID(C)936E」に必要事項を記入してください。
2.教育機関の書類「入学志願者ビザ保証申請書(本土)」に記入し、教育機関がHKSARビザ申請のために融資保証を行うことを書面で承認する。
3.以下の書類をハードコピーし、記入済みの「入国査証申請書」と「身元保証書」を添えて、本学のアドミッションオフィスに送付する(注:ハードコピー書類の各ページには、必ず申請者の氏名、コース、コース内容シリアルナンバー、IDカードナンバーを記入すること)。
*国内第二世代の身分証明書(香港・マカオへの旅行パスや中国のパスポートなど、休暇中の旅行に合理的に有効な書類をすでにお持ちの方は、そのコピーも一緒にお渡しください)。
*住民票、または住民登録票。
*学歴を証明する書類(高校の卒業証書、高等学校の成績証明書、全国の統一大学入試の結果を含む。)
*学校からの入学許可書
*経済発展の証明(例:タイムリーな個人収入の証明、金融機関への預金証明、不動産所有または不動産管理の証明)。
*経済特区の入国査証料、郵便査証手続きの宅配便料金の支払い確認。
4.必要書類が揃ったら、教育機関は申請書を入国管理局に提出し、承認を得る。 香港入国許可証が交付されると、教育機関は有効な書類を学生に郵送で送付します。
5.香港特別行政区入境許可証の取得後、居住地の公安部出境管理局に香港・マカオへの渡航許可証と香港・マカオへの渡航裏書(Endorsement)を申請します。

2022/05/27(金) 03:21 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください