1.性行為をする


HIVは感染力が強く、性行為によっても感染する可能性があります。 感染者の膣分泌物や精液に接触するとHIVに感染することになり、特にHIVに感染するリスクが高いと言われています。 ですから、HIVを予防したいのであれば、性行動を規制する必要があります。 ましてや、愛滋病是什麼複数の性的パートナーがいるような不潔なセックスはありえません。 性行為によってHIVに感染しないようにするには、セルフケアが必要なのです。


侵襲的な化粧品の送信を避ける


HIVのもう一つの感染経路は血液で、日常生活の中で感染者の血液に触れるとHIVに感染するリスクが高まります。 このウイルスは、耳にピアスをしたり、タトゥーを入れたりといった侵襲的な美容治療を受けるために、非公式な場所を頻繁に訪れる若者にとって特に危険です。


医療機関での感染を防ぐ


若い人にとっては、日常生活の中で輸血や献血が必要だったり、注射が必要だったりすると、きちんとした病院を選ばなければなりません。 特に小規模で不定期な診療所では、輸血や注射、あるいは人間の行動によってHIVに感染する可能性があり、エイズのリスクを高めることになります。


免疫力の向上


エイズの原因は、HIVが体内に侵入することだけです。 免疫力の低下がエイズの原因ではありませんが、免疫力が低下して一部のウイルスに対する抵抗力がないと、一部のウイルスの攻撃に弱くなります。 そのため、日常生活での行動を整えるだけでなく、HIVなどの感染症にかかるリスクを最小限に抑えるために、免疫力の向上にも気を配る必要があります。


今の若い人たちにとって、HIVに感染する主な原因は、日常生活での手に負えない行動に直結しています。


HIVに感染しないためには、上記の4つのことを実行することが重要です。 また、薬物を使用しないこと、針やカトラリー、歯磨き粉、カミソリなどの身の回りのものを他人と共有しないことも重要です。 それ以外の場合は、特にHIV感染のリスクが高くなります。


注目の記事:


日和見感染症のリスクを減らすにはどうしたらよいでしょうか? 記事を見る


HIVの感染経路は何ですか? 露出した後の予防法を教えてください,答えは以下の通りです


日和見感染とはどのようなもので、どのように予防すればよいのでしょうか?

50_2021-12-07-18-25-49.jpg
2021/12/07(火) 04:25 健康 PERMALINK COM(0)